BLOG

ブログを掲載しています。

またまた発生! 病院サイバー攻撃 復旧めど立たず

またまた発生しました。
全国ニュースになっていますが、
大阪急性期・総合医療センターがサイバー攻撃を受け、
電子カルテが使えず、通常診療が行えない状況に陥っています。

昨年の徳島県の町立病院と同じく、
「ランサムウエア」の攻撃を受けた模様。

20221101.png

(大阪急性期・総合医療センターHPより)



<経緯メモ> 
10月31日午前7時ごろ、電子カルテのシステムに障害が発生し、
閲覧などができなくなった。

システム障害の原因は「ランサムウエア」(身代金要求型のウイルス)
によるサイバー攻撃を受けたものと判明。

31日朝から緊急以外の手術や外来診療などを停止。

11月1日も緊急以外の手術を停止。通常の診療できず。復旧の目処立たず。
 



原因等もまだ公表されていませんので、
また新しい情報が入ったら更新していきます。

でも、なんとなく原因はやはり「VPN機器」の脆弱性なのかな?と思ったり・・・
過去の事例がほぼそれなので。。



参考に、ここ最近の病院のサイバー攻撃についての記事等をリンクしておきます。
病院のサイバー攻撃は、影響が非常に大きく、生命に関わるリスクもあります。
攻撃を予防することはもちろんですが、
それでも「絶対大丈夫!!」とはならないので、
起こった場合の事業継続計画(BCP)を事前に策定し、
できれば訓練もしておく必要がありそうです。

<関連事故事例>
□2021年10月 徳島県つるぎ町立半田病院

過去blog①:半田病院ランサムウエア感染 身代金支払わず電子カルテ再構築
https://plug-in01.com/topics/archives/118

過去blog②:徳島県つるぎ町立半田病院 ランサムウエア感染 調査報告書公表
https://plug-in01.com/topics/archives/152

時事メディカル記事参照:病院機能を麻痺させないために~サイバー攻撃の経験から~
https://medical.jiji.com/topics/2741

□2022年1月 愛知県春日井市 春日井リハビリテーション病院
NHK「サイカル」記事参照:
https://www3.nhk.or.jp/news/special/sci_cul/2022/05/special/2022-05-27-cyber/

2022/11/01   小塚 真紀子
< Previous Article     To List