BLOG

ブログを掲載しています。

【JIPDECより】改正個人情報保護法の実務対応ポイント

今回の改正個人情報保護法についての解説資料が、
JIPDECのサイトにアップされました。
jipdec.png
(JIPDECのサイトから抜粋:
 https://www.jipdec.or.jp/library/report/20200708.html?d

私もいろいろとポイントを細切れにアップしていましたが、
より詳細な内容が公式な見解としてアップされていますので、
参考になりそうです。

ちなみに、個人情報保護委員会が現在公表している
施行までのスケジュールは、以下のとおりです。
★2020年7~8月に基本的な考え方を公表
★2021年1~2月のパブリックコメント募集
★2021年3~5月に政令・規則公布
★2021年6~7月にガイドライン等を公表
★2022年春頃に施行


改正部分の具体的な対応については
ガイドラインの公表を待つことになりますが、
今回は、特に広報やWeb運用、システム開発等
実務を担当される方にとって
大きな影響があると言われています。

先日のblogでも書いた「仮名加工情報」についても、
公表されているQ&Aで解説があったので確認してみましたが、
大方間違っていなかったようです。

当日のディスカッションレポートおよびQ&A(PDF)より
Q:仮名加工情報は何に使えるのでしょうか?

A:社内での分析目的での利用
 マーケティングや新商品開発時は特異な情報が
 重要になることがあるので、そのような場合には、
 特異な情報を削除しなければならない匿名加工情報
 は使えませんが、仮名加工情報であれば生データを
 そのまま使うことができるので、便利でしょう。
 とのこと。

やはり社内分析目的での活用を目的としているようですね。

個人的にはQAの資料がわかりやすかったです。
この他にも、気になるポイントがいろいろと解説されて
いますので、是非読んでみてください!

2020/07/22   小塚 真紀子
< Previous Article     To List     Next Article >