BLOG

ブログを掲載しています。

NISCよりサイバー攻撃に関する注意喚起

前回のblogで、カプコンのランサムウェアによる情報流出事故について書きましたが、
「内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)」からも
サイバー攻撃に関する注意喚起がされていますので共有いたします。
NISC.png
(NISCのHPより抜粋:https://www.nisc.go.jp/active/infra/pdf/ransomware20201126.pdf

今年は、コロナウイルス感染拡大防止の観点から、
在宅勤務を実施するために外部から社内ネットワークにアクセスしたり、
これまで許可していなかった私物のPC等の接続を許可したり、
いろいろな変化が起きていることと思います。

弊社のお客様でも、様々なクラウドサービスを利用して、
自宅で仕事ができるよう環境を整えたというお話をよく聞きます。

その場合、セキュリティ対策を施した会社のPCを貸与する場合はよいのですが、
自宅の私物PCを利用させるケースもあり、
そのPCのセキュリティ対策実施状況を確認できていない場合があります。
そうなると、そのPCが万が一ランサムウエアに感染した場合、
そこから社内ネットワークに感染が広がってしまうリスクがあります。

以下の対策は、内部だけでなく、
私物PCも含め社内ネットワークにアクセスするすべての情報システム機器
について確認しておくことをお勧めします!

感染予防策.png

感染対応策.png
上記の内容は、どれもこれまでも言われていた内容となっていますが、
逆に言えば、これらの対策を実施せずに被害に遭ってしまった場合、
対策が不十分であったと言わなければならない事態となりますので

要チェックです!
 

2020/11/30   小塚 真紀子
< Previous Article     To List     Next Article >