BLOG

ブログを掲載しています。

2021年上半期のおススメ本発表!

恒例のオススメ本紹介コーナーです♪

今回は、5冊選べなかったので、
上半期でハマったオススメ作家さん3名を発表!

※ちなみに、
 2020年下半期のおススメ本ベスト5
 https://plug-in01.com/topics/archives/72
 2020年上半期のおススメ本ベスト5
 https://plug-in01.com/topics/archives/48

元々好きな作家さんの本はもちろん随時チェックしますが、
それ以外もどんどん新しい出会いも求めており、
いろいろなジャンル・作家さんに手を出しています。

その中で、今年に入って初めて読んでハマったのが、以下の3名の作家さん。
今更?という方もいらっしゃいますが、
個人的にハマったポイントをご紹介します!

その作家さんは、こちらです!!!




第1位 柚月 裕子さん
book1.jpg

最初に読んだ「盤上の向日葵」の面白さが、今年一番の衝撃でした!
あまり事前知識なく読み始めましたが、上下巻を一気読み。
「盤上の向日葵」は、タイトルからわかるように将棋のお話ですが、
将棋に詳しくない私でも引き込まれました。
先が気になって気になって…
仕事のちょっとした合間にも読みたい!でも大事に読みたい!
そんな作品でした。
ネタバレになっちゃうので内容には触れませんが、
ジャンルで言えば、「社会派ミステリー」かな。

この作品でハマって、その後も彼女の作品を続けて読んでいます。

次に読んだ「佐方貞人」シリーズは、3作読みましたが、どれもオススメです。
中でも1作目の「最後の証人」は、最後の20ページで号泣しました。
電車の中で読み終わりそうなところを、
はやる気持ちを抑えて家でゆっくり読んでよかった。
たった300頁の小説なのに、すごい壮大なドラマを観たような重厚感でした。
法廷モノが好きな方にはさらにお勧めです。

柚月さんの作品は、他にもたくさんありますが、どれも面白そう!
ちょうど映画が上映されているので『孤狼の血』も読みたいなと思っています。


第2位 綾辻 行人さん
book2.jpg

ミステリー好きのくせに、綾辻さんの作品は、実は読んだことがなくて。
今更ですが「十角館の殺人」を読みました!

「十角館の殺人」は、言わずと知れた綾辻行人さんのデビュー作です。
ミステリーファンなら誰もが知る名作中の名作で、
「日本ミステリ史上の傑作のひとつ」とまで言われています。
そんな事前知識はあったので、ワクワクしながら読みました。

しかし、登場人物がカタカタなので、
最初はなかなか名前を覚えられないくて…
手帳にメモしながら登場人物のイメージを頭の中で作りながら読みました。
この中の誰が犯人なのか??推理しながら読むのが密室ミステリーの醍醐味ですよね。
ものすごく注意して読んでいたのに、トリックはわかりませんでした(〃∇〃)
分かった時の快感がたまらないので、むしろ騙されたい!
という方(←私)には、超オススメです。
私はキレイに騙されたので、頭をクリアにしてもう一回騙されたい(笑)

この「館シリーズ」も全9作が発行されているので、これから順番に読んでいくのが楽しみです♪


第3位 太田 愛さん
book3.jpg 

脚本家で小説家の太田愛さん。
人気ドラマ「相棒」の脚本家としても有名ですよね。

小説はまだそんなにたくさん書かれていないのですが、
「犯罪者」を読んでハマりました。
登場人物が多くて最初は戸惑いましたが、人の描写、場面の描写が丁寧なので、
まさに映画を観ているような感覚でした。

通り魔事件、巨大食品企業、政治、難病…
上巻は謎、謎、謎、謎…の展開にワクワクし、
下巻は徐々に真実が明らかになりつつ、二転三転する展開にハラハラドキドキしました。

取扱うテーマは重いのですが、極上のエンターテイメント作品でした!
これもシリーズ化されているようなので、『幻夏』『天上の葦』も読む予定。

この半年も、素敵な本にたくさん出会えて幸せでした!
それにしても、読めば読むほど読みたい本が増えるのが悩ましい…
今年の後半も、仕事の合間の読書時間、楽しみたいと思います。

皆さんも楽しい読書ライフを♪

2021/09/13   小塚 真紀子
< Previous Article     To List     Next Article >