BLOG

ブログを掲載しています。

日本年金機構 年金振込通知書の誤送付

またまたまた日本年金機構の事故です…
今回は委託先印刷会社のミスなので、年金機構も被害者ともいえますが…
かなり大きな事故が発生しました。

起こった事象としては、
年金振込通知書の宛名の方と中面の内容(「年金振込通知書の送付理由」、「年金の制度・種類」、「基礎年金番号・年金コード」など)が誤って印刷されていたもの。
つまり、違う方の情報が印刷されていたということ。
その数、975,065件!

<実際の版面(日本年金機構の公式HPからの抜粋)>
https://www.nenkin.go.jp/oshirase/taisetu/2021/202110/100602.html​
nenkin.png

年金機構は、「誤って印刷した別の方の個人名は印刷されていません。」と報告しており、
「記載されている情報だけで個人を特定することはできない」とか
「個人情報は流出していない」といった報道がされていますが、
「基礎年金番号」って、それだけで「個人識別符号」=「個人情報」ですよね??(・・;)

報道を見て、まずソコが気になりました。

また、印刷会社のミスということで、
今回印刷会社名も公表されていましたが元印刷会社に勤めていた者として、
975,065件 もの広範囲にわたって宛名と中面がズレる?というのは不思議でしかない。。
圧着ハガキなので、宛名面と中面をプリンタで同時に印字したのでしょうが、
流し込むデータを間違えたのか??
なぜ気づけなかったのか??
個人的にとても気になります。


sunmesse.png

(サンメッセの公式HPより抜粋:https://www.sunmesse.co.jp/ir/news/file/20211007203625.pdf

これらの通知物については、今回ミスをした印刷会社を含め
計9社に業務委託しているとのことです。

私がもし年金機構の管理者だとしたら、
今回の印刷会社はもちろんですが、
他の8社についてもすぐにチェック体制を確認すると思います。
委託元の管理者として、
納得できるチェック体制になっているか?は
確認しておく責任がありますよね。

しかし、印刷会社にとってはもっとも怖い事故です…
本当にゾクっとしました。

2021/10/15   小塚 真紀子
< Previous Article     To List     Next Article >